Thumbnail of post image 117

 熱電子発電では,電極間に温度差を与え放出された熱電子を回収することで発電を行う.通常は熱電子の放出に1000℃以上の高温が必要となるが,電極の間隔を数ナノメートルとすることでトンネル効果による電子の移動が生じるため適用温度範囲を室温 ...

Thumbnail of post image 106

熱電子発電では電極間に温度差を与え放出される電子を回収して発電を行う.通常熱電子発電には1000 ℃以上の高温が必要だが,ギャップ間をナノサイズに縮小すると電極間の電子放出が容易になり,適用温度範囲を室温付近まで拡大することができる. ...

Thumbnail of post image 025

熱電子発電は,高温のエミッタから放出される熱電子を対向するコレクタで回収し発電を行う.エミッタとコレクタの距離をナノスケールにまで小さくしたもの,すなわちナノギャップを用いることで量子効果により室温程度でも発電が可能となる.しかしなが ...

Thumbnail of post image 186

電極間の熱電子放出による電子移動における量子効果の寄与と,真空による高い熱絶縁性により,真空ナノギャップを熱と電気を高効率に直接変換できる素子として応用することが期待されている.ナノギャップ作製手法として単結晶シリコンのへき開破壊を提 ...

Thumbnail of post image 077

Evaluate the temperature dependence of the electron emission between nano-gap fabricated by silicon cleavage fracture ...

Thumbnail of post image 112

単結晶シリコンのへき開破壊によるナノギャップ形成と,ギャップ間隔制御,電流計測が可能なデバイス