Thumbnail of post image 092

 熱電子発電では,電極間に温度差を与え放出された熱電子を回収することで発電を行う.通常は熱電子の放出に1000℃以上の高温が必要となるが,電極の間隔を数ナノメートルとすることでトンネル効果による電子の移動が生じるため適用温度範囲を室温 ...

Thumbnail of post image 092

熱電子発電では電極間に温度差を与え放出される電子を回収して発電を行う.通常熱電子発電には1000 ℃以上の高温が必要だが,ギャップ間をナノサイズに縮小すると電極間の電子放出が容易になり,適用温度範囲を室温付近まで拡大することができる. ...